250ccバイクの魅力

250ccクラスのバイクはリッターマシンとコンセプトが共通のものが多く、
見た目は大型バイクと比べても遜色がないものが多い。
例えばYZF-R1の250cc版としてYZF-R25があるように、
1000ccクラスの兄貴分と同じコンセプトで作られているモデルが多数ある。
そのため排気量は小さくても迫力あるデザインのバイクが多い。

ひと昔前は250ccクラスといえばNSRやRGガンマなどの2ストが主役。
しかし排ガス規制によってその存在は消滅し、
一時はラインナップが極端に少ない時代もあった。
しかし現在はニンジャ250の登場で再び火が付いたスポーツタイプに加え、
ストリートファイターやビッグスクーターなどモデルが急増。
選択肢が増えたことで幅広いライダーの支持を得ている。

b2501

aoi初心者でも扱いやすいサイズ感
だれもが一度は憧れを抱く大型のリッターバイク。
しかし実際に乗ると大柄なボディは扱いが難しく、
パワーも大きいので乗りこなすにはある程度の経験が必要になる。
しかし250ccクラスならそれほどボディが大きくないので足つきがよく、
エンジンパワーも程よいので小柄な人や女性でも乗りやすい。
バイク初心者にも扱いやすい手頃感が魅力なのだ。
nin

aoi価格や維持費が安い250㏄バイク
かつてブームとなったレーサーレプリカタイプの250ccモデルは、
若者が乗るには高価で手が出しづらい存在だった。
当時人気があったCBR250RRやNSR250Rなどは本体価格が60万円から80万円。
しかし現在販売されているCBR250Rは50万円台が中心となっており、
かなり手が届きやすくなっているのが分かる。

さらに250ccエンジンのバイクは車検が不要なため維持費が安く済む。
「ユーザー車検ならバイクの車検費用は安いもの」という意見もありますが、
それは自分で車検の申請や点検・整備ができる場合。
自分でやる時間がない人がショップに頼んで車検を通すとそれなりの出費になる。
タイヤなどの消耗品も大型バイクに比べると安いので維持しやすい。

aoi中古車としての価値も高いので売りやすい
250ccのバイクは価格の手頃さから10代から20代前半の若い世代に人気がある。
しかし安いといっても新車は50万円以上が中心になるため、
少し値段が安くなる中古車の需要が高いのが特徴だ。
そのため人気車種の現行モデルになると値落ち率が低く、
バイク買取を依頼した場合に思わぬ高額査定が出ることも少なくない。
ただし、買取り価格はショップによってかなり差があるため、
自社でしっかりとした流通ルートを持っているバイク王のような、
大手のバイク買取り専門店で査定してもらうことを勧める。

aoi250ccなら高速道路も走れて行動範囲が広がる
価格や維持費の安さだけでバイクを選ぶなら原付が一番安い。
しかし高速道路が走れる250ccクラスのメリットが大きい。
例えば仲間とツーリングに行くときも遠くまで移動することが可能になるし、
遠出しやすくなるので気の向くままに温泉や観光地へ出向くことができる。
最近密かに人気の高速道路のサービスエリアグルメも楽しめます。